金魚草 / SMC PENTAX-M 1:1.7 50mm


先週と同じ金魚草を親父が持っているカメラの明るい単焦点レンズで撮ってみました。
30年以上前に発売され、整備も保管処理もされずにずっと置き去りにされたマニュアルフォーカスのレンズになりますが、この色合いと周辺のぼけ具合は、ディジタル時代においてもなかなかたまらない描写になっていると思います。

金魚草(赤) – 元画像の縮小  
IMGP7689qs
 
50.0mm(75.0mm) F1.7 1/3200 ISO100 –0.7EV 絞り優先モード 手持ち

上の元画像の中心部分のトリミング (上の画像の周辺のぼけ具合がこの明るいレンズの好きなところ)
IMGP7689exs

金魚草(黄) – 元画像の縮小
IMGP7688qfs 
50.0mm(75.0mm) F1.7 1/6000 ISO100 –0.7EV 絞り優先モード 手持ち

SMC PENTAX-M 1:1.7 50mm 前
IMGP7513qbex

SMC PENTAX-M 1:1.7 50mm 横
IMGP7516ex
コイデ製のフィルタのおかげで前玉は傷はなさそうですが、後ろ玉やレンズの中は状態も良くなくかなり年代を感じさせます。
(本格的に使用するにはメンテナンスが必要な状態です。大切に借りたい・・・)

関連投稿:

金魚草

Livedoor タグ: ,

YouTube タグ: ,
広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。